COVID

COVID

LONG COVID: 脳内のシナプスの喪失が認知症状をどのように説明するか

COVID後に認知症状を含むブレインフォグを訴える人がいます。新しい研究はSARS-CoV-2に感染させた脳オルガノイドの観察で過剰な数のシナプス除去を確認しました。RNAウイルスを起源とする認知症状のへの対応に道を開くかも知れません。
COVID

Omicron BQ.1 および BQ.1.1 – 専門家がこれらの新しい COVID 亜種に関する 3 つの重要な質問に回答します

新オミクロン亜種、BQ.1とBQ.1.1が米国で急速に増えて、10月29日現在、全体で感染の27%を占めています。ECDCは2022年11月中旬から12月初旬までに、COVID感染の50%以上がBQ.1とBQ.1.1になると予想しています。
COVID

COVIDワクチン:今後はインフルエンザの予防接種のような毎年のブースターになる可能性があります

COVIDワクチンは、ウイルスに対する最も効果的で安全な方法です。ではどれ位のブースター接種の期間と頻度が必要なのでしょうか?ほとんどの人にとって年 1 回の COVID 予防接種は賢明な方法のようです。免疫学者が証拠を調べます。
COVID

若者は、COVID の事実を否定する陰謀論を信じる可能性が高くなる場合があります。対応方法は次のとおりです。

COVIDの否定は、ウイルス影響の軽視から、デマ陰謀論への信念を通じての完全否定まで、さまざまな範囲で発生します。これは信じられないほどの損害を与える可能性があるので、私たちは可能な限りこうした態度に抵抗し、関与しなければなりません。
COVID

別の新しい COVID 亜種が拡散しています – オミクロン BA.4.6 について私たちが知っていることは次のとおりです。

オミクロンのBA.4バリアントの子孫 BA.4.6 は、組換え変異体である可能性があり、BA.5 よりも免疫システムを回避する能力が優れているようです。しかし、多価コロナウイルスワクチンなどの新しい開発が進んでおり、実績も示しています。
タイトルとURLをコピーしました