神経科学

ライフスタイル

あなたの十代の子は夜更かしですか?彼らの睡眠パターンは、数年後に脳と行動を形作る可能性があります

新しい研究によれば、十代の夜更かしが行動上の問題を抱えるリスクを高め、思春期後期における脳の発達を遅らせます。朝型と夜型は脳構造が異なり、記憶、感情的な幸福、注意、共感の違いに関連します。しかし私たちは睡眠の好みや習慣を変えられます。
COVID

LONG COVID: 脳内のシナプスの喪失が認知症状をどのように説明するか

COVID後に認知症状を含むブレインフォグを訴える人がいます。新しい研究はSARS-CoV-2に感染させた脳オルガノイドの観察で過剰な数のシナプス除去を確認しました。RNAウイルスを起源とする認知症状のへの対応に道を開くかも知れません。
哲学

 「生命は驚きを嫌う」。 野心的な理論は、生物学、神経科学、心理学を統合できるでしょうか? 

神経科学者カールフリストンの自由エネルギー原理では、すべての生物は自由エネルギー(その経験がどれほど驚くべきものであるか)を最小限に抑えようとします。 「驚くべき」とは、生物またはその祖先がこれまで遭遇したことのない経験を意味します。
神経科学

AIニューラルネットワークは人間のやり方を「学ぶ」と言われています。神経科学者は、なぜそうではないのかを説明します。

最近開発された人工知能AIモデルは、画像の認識や人間のような言語の生成など、多くの印象的な偉業を成し遂げます。しかし、AIが人間のような行動をとることができるからといって、AIが人間のように考えたり理解したりできるわけではありません
ライフスタイル

仰向け?横向き?うつぶせ?寝姿が、ALSのような病気を誘発または脳を保護する可能性

仰向け?横向き?うつぶせ?マウスでの実験は、私たちがどのように睡眠するかによって、ALSのような病気を誘発または、そうした病気から脳を保護する可能性があることを示しています。
タイトルとURLをコピーしました