遺伝学

宇宙

コペルニクスの墓の奇妙な物語

考古学者のチームが、地球が太陽の周りを回っていることを証明した16世紀の現代天文学の父の遺骨を発見した。
歴史

マチュピチュに住んでいたのは誰? DNA分析で古代インカ宮殿の驚くべき多様性が判明

マチュ ピチュは今ではペルーの象徴的な観光地ですが、かつてはインカ帝国の隅々から人々を集めた王宮でした。
教育

お金持ちの人はより賢いのでしょうか? 科学はこう言っています

生まれ持った知性は学力と仕事のパフォーマンスの両方に役に立ち、学業上および職業上の成功は収入に繋がります。しかし、金持ちになるためには、知性は十分ではなく必要でもないようです。教育も大きな役割を持つが、幸運は更にそして最も重要なようです。
遺伝学

男性の Y 染色体は徐々に失われつつあるが、トゲネズミで新たな性遺伝子が発見され、人類に希望がもたらされた

人間の Y 染色体は退化しており、数百万年で消滅する可能性があり、新しい性遺伝子を進化させる必要があります。一方、絶滅寸前の奄美大島のトゲネズミのY染色体の遺伝子情報はX染色体の内部に転移していました。これは、人間に福音となるのでしょうか?
遺伝学

ドイツの 14 世紀のアシュケナージ系ユダヤ人の歯から採取した古代の DNA には、現代のユダヤ人に共通する遺伝的変異がすでに含まれていました

ドイツの14世紀の白系ユダヤ人の歯から採取した古代のDNAには、現代のユダヤ人に共通する遺伝的変異がすでに含まれていた。比較的最近生きた個人からであっても、古代のDNAが、どのようにして他の方法では見えない歴史の側面を明らかにできるかを示す。